専門実践教育訓練給付金制度について

歯科衛生士の資格取得を目指す社会人の方へ

教育訓練給付制度とは?

在職者や離職者が、厚生労働大臣が指定する教育訓練講座を受講し修了した場合、本人がその教育訓練施設に支払った経費(学費)の一部がハローワーク(公共職業安定所)から支給されます。働く方のスキルアップを支援し、雇用の安定や再就職の促進を図る制度となっています。詳しくは厚生労働省のホームページをご覧ください。

対象学科

給付される金額について

教育訓練経費(学費)のうち、50%を支給(本校の場合は限度額の40万円/年)さらに卒業後一年以内に資格を取得し、雇用保険被保険者として雇用された場合には20%(本校の場合は限度額の48万円/年)を追加支給(合計70%)最大で総額168万円を受け取ることができます。

教育訓練支援給付金について

受講開始時に45歳未満で離職しているなど、一定の条件を満たす場合には、訓練受講をさらに支援するため、「教育訓練支援給付金」が支給されます。支給申請の詳細につきましては、お住まいの地域を管轄するハローワークでご確認下さい。

給付対象者について

雇用保険の被保険者として雇用された期間が通算3年(初めて受給される方は2年)以上ある方。

※このチャートはあくまでも参考例です。条件によって対象および対象外となる場合があります。詳細はハローワークで確認してください。

参考ホームページ