上級調理経営学科(男女80名/2年)

3つの専攻コース+レストラン実習
料理人として、社会人として、通用する実力を磨く。

一流の料理人に必要な技術と知識を身につけるだけでなく、将来の独立などを視野に置き、
飲食店の経営に欠かせない経営センスも磨いていきます。
本校の調理経営学科には基礎技術の定着と高度な専門技術の獲得まで、特色のある教育プログラムが用意されています。

調理・製菓のプロになる

1・2年次 専門学科

基礎から”食”と”衛生”について学ぶ
食の世界ではお客様が安心して料理を楽しむために高い衛生知識が求められます。
本校では衛生に関する講義や、総合調理実習で実践的な料理の提供の仕方など”食”を安全に提供できる環境を学生自身で考えながら学んでいきますので、分かりやすく衛生への理解を深めることが出来ます。

店舗の経営についても学ぶ
本校には、自分のお店を持つという夢を持っている学生がたくさんいます。その時に大切なのが、経営や店舗マネージメントの知識。将来の独立開業や料理長などの立場になることも視野に入れて、店舗の経営や運営に欠かせない知識を学びます。

教養学、フードコーディネート、色彩学、英語などバラエティに富んだ学習科目。
調理の世界は実に幅が広いものです。お客様に喜んでいただくためには、美味しい料理を作るだけでなく、テーブルの演出や、おもてなしの知識が欠かせません。
本校では、フードコーディネート、色彩学、英語など、料理の世界はもちろん一般社会でも役立つ豊かな教養を身につけます。

料理の基本から応用まで

1年次 調理実習

基本技術からしっかりと土台を作っていく。
包丁のにぎり片、野菜の切り方、炒めや揚げ、焼き物からソースまで、日本料理、西洋料理、中国料理の基本技術を学びます。

・千切り、半月切り:真っすぐ、そして切った野菜が同じ大きさになるように。
・大根の桂剥き:1㎜の厚さで均等に真っすぐ、長く切れ目のないように。
・オムレツ:火力の調節技術とフライパンの扱い方を取得。
・炒(チャオ):中華鍋をキレイに振れるコツと手勺(お玉)の扱い方を覚えていく。

2年次 専攻別実習

1年次に覚えた、日本料理、西洋料理、中国料理の段階を踏んだより難易度の高い実習を行っていきオールラウンドな料理の力を身に付けていきます。

二年時からは専攻別の実習に分かれ、希望分野に特化した実習を行っていきます。
また専攻だけの分野だけではなく一年次に覚えた、日本料理、西洋料理、中国料理の段階を踏んだ難易度の高い実習も並行して行っていきますので、専攻の分野にプラスしてオールラウンドな料理の力を身に付けて行くことができます。

専攻別に3つのコースに分かれ、希望分野に重点をおいた実習を行います。

調理経営学科の特色

少人数制

実習では先生が複数名授業につきますので、学生全体が安全に実習を行えるように、レストランの研修では学生の人数を絞ることできめ細やかな指導を受けることができます。

教養学

チーズ、ワイン、コーヒー、氷の彫刻、テーブルコーディネートなど各分野のスペシャリストの先生方を招き幅広い分野の知識や技術を間近で見て身に付けることができます。

有名企業とのコラボレーション

地元に根付いた本校だからこそ出来る各企業、イベントとのコラボ。
静岡カンヌウィーク、静岡おまちバルなど街を上げたイベントで地域を盛り上げる協力を。
セノバさん、伊勢丹さんなど大手の商業施設とのコラボで学校の中だけではできない外部企業との連携を体験することが出来ます。

レストラン研修

2年生からは学内のレストランで、仕込みを始めとした開店準備から調理、接客サービスまで、実際にお客様を相手に実習するレストラン研修がはじまります。

専攻別実習

2年生になると総合応用実習に加えて日本料理、西洋料理、中国料理、カフェスイーツの3コースから1つを専攻します。分野を絞ってより高度な技術と知識を身につけます。